ボーイッシュ路線を捨て、モテファッションへ切り替えたら気持ちも上向き、性格も明るくなりました!

芸能人のように綺麗になりたい!ボーイッシュ路線を捨て、モテファッションへ

きっかけは、高校生の頃、テレビや雑誌等で見る芸能人に憧れ、
あんなふうに自分もなりたいと思ったことから。
当時、自分は異性と話すことは苦手だったので、
せめて外見だけでも磨こうと思いました。

当時のファッションは、昔から服はすべて自分で選ぶという
こだわりのある性格だったので、なんでもいいというわけではなく、
自分のいいと思う服を意識して着ていたが、モテようという意識はなかった。

具体的に言えば、カラフルなTシャツや、デニムと言った、
ボーイッシュな服装が好きだったので、
女の子らしいフリルや淡いピンクなどの服はあまり好きではなかった。
ネックレスやイヤリングなど、小物には興味があり、当時人気だったブランドの物は、
気に入ればつけたりしていた。中でも気に入っていたのは、刺繍入りのデニム。

モテようと意識するだけでどんどん可愛らしいファッションへ!
自分の中身も変わったような気分でした

テレビや雑誌等で紹介されているモテる服は、
スカートや、フリルのついたもの、赤やピンクなど暖色のものなど、
自分の持っている服とはかけ離れたデザインのものが多く、
持ち服では自分の思ったモテるイメージには遠かったため。

また、新しいものを着ることで気分も変わり、意識とともに、
自分自身もそれだけでどこか変わったような気分になったから。
普段ほとんどデニムやパンツしか履かなかった自分も、
モテようと意識を変えたときから、スカートを履くようになった。

とにかくモデルさんの真似をしました!真似をするだけでモデルさんの雰囲気に…

自分のなりたいイメージのファッション雑誌を買って、読み込んだ。
そして、雑誌に載っている服で気に入ったものがあれば、
店へ訪ねて探し、購入した。同じものが高かったり、
手に入らない場合は、値段の安いお店へ行って、
似たようなコーディネートができるものを探し、それを購入した。
髪型も、雑誌等を参考にして、モデルさんと同じような髪型に憧れ、
美容院でオーダーするなどして、同じ髪型になるように、
鏡の前でヘアアイテムを駆使して、研究をした。
髪型によって、似合うファッションも違うので、
それぞれの髪型に似合うファッションを探したり、実際に試したりした。
思い通りのコーディネートになるように服を揃え、
家でコーディネートをいろいろと試して研究をした。

無理なダイエットなんていらない!
可愛い服を着ているだけで気持ちも上向き、性格も明るくなりました

可愛い服が似合うには、痩せていることが必要、と思い込み、
雑誌に載っているダイエット企画を真似して試した。
可愛い服を着ていると気持ちも上向いてきて、
自分の性格もすこし明るくなったような気がした。

友達とファッションの話題で盛り上がったり、
遊びに行くときに服屋さんを一緒に見たりと、楽しいことが増えた。
可愛い服を着ている自分に自信が持てるようになった。

ただ、ダイエットを始めたことで、食事制限をするものを選んでしまい、
イライラすることが増えたり、自分で食べられるものを制限したりしてしまったので、
そこは、運動するなど、流行りのものだけに目を向けずに、
健康的な方法を見つけていられたらもっと良かったな、と思った。

モテ服でいろんな人に声をかけられるように!
友達も「雰囲気が変わったね」と気づいてくれました

周囲の友達は、同じようにファッションに興味を持って行く年代だったので、
一緒に成長していく感じだった。
友達のファッションを自分も参考にしたり、
どこで売っているのか情報をもらったりしていた。
いつも近くで見ている人はあまり言わないが、たまに会う親戚や、
友達などには、雰囲気変わったね、などの言葉をかけてもらうことが増えた。
美容院の美容師さんにも、最近大人っぽい格好をするようになったね。
などと言われた。ただ、遊びに出かけて、帰りが遅くなると、
モテる服というのはいろんな異性の人も見ているので、
気持ちの悪い形で声をかけられたりと、
気をつけなければいけないこともあった。
モテる服は露出が多い場合もあるので、夜はそういう服は避けるとか、
TPOも考えて着る必要があると思う。

何もかも好循環!お気に入りの服を着ている時は
気分が180度変わって何でもできそうな気分に!

友達や周囲の人から、それいいね、似合っているね、どこで買ったの?
などと、褒めてもらったり、興味を持ってもらえた時が、嬉しかった。
あとは、友達同士でプリクラを撮った時、
自分の気に入ったコーディネートが写真で残ったりするので、
それも嬉しかった。気分を変えたり、上向きにするためにも、
おしゃれは有効だと思う。着る服を好きな気持ちや、色、それを着た気分などで、
いやな日や気分の乗らない時も気分転換になると思う。
普段着の、自分がその服に対して、どうでもいい、と思っているものを着ている時と、
これはお気に入り、これは最高、と思う服を着ている時とは、
気分が180度違ってくる。この服を着ていけるなら、行ける!と思える場所や、イベントもある。

おしゃれになって損はない!これからおしゃれを始めるには…

おしゃれになって損をすることはまずないと思います!
自分のできる範囲で、無理なくおしゃれができると、
毎日が楽しくなると思います。人と比べてどう、というよりも、
自分がこれを着ていて楽しい、これがおしゃれだと思う、という服をいつも着ていると、
まわりにも自分の個性が伝わり、キャラクターが認められます。
最初は真似から始めても、オリジナルのおしゃれができるようになると楽しいと思います。
高いものだけが良いわけじゃなく、安いものでも良く見せたり、バランスも大事だと思います。

ルディック