低身長女子の私が悩んでいたのは「着られている」感。でも、洋服のサイズ感をちょこっと変えるだけで解決できちゃいました!

ペンネーム:ぽんぽこ丸
年齢:30歳
性別:女性
職業:会社員
出身地:東京都
身長:151㎝

サイズ感が二の次はNG?
身長151センチの私の悩みは「着られている感」でした。

身長151㎝の私が自分のファッションで悩んでいたこと。

それは、好きなデザインというだけで服を選ぶと、服に「着られている」感じが出てしまうということです。

この「着られている」をもっと具体的に説明すると、「服のサイズが自分の身長バランスに合っておらず、もたついて、相手に違和感を持たれてしまう」状態のことを指しています。

高校生あたりから自分で服を選んで買う機会が増えましたが、当時は「その人にとってのファッションの良し悪しは、色や柄、装飾などのデザインで決まるもの!」としか思っていませんでした。

結果、サイズ感は二の次で「だいたい体型に合っていればいいや」ぐらいにしか思っていませんでした。

なので、自分で服を選ぶようになった最初の頃は、服に「着られている」自覚がありませんでした。

モード系を目指していたけど、友達からは全否定。
悔しくてたまりませんでした…!

もともと私が好きだった服は、ラインがストンと落ちるようにシャープなシルエットのもので、色合いも黒ベースが多く、ニュアンスカラーや渋めの色を差し色に用いるのが基本でした。

フェミニンな雰囲気はほどほどに抑えた「クールなモード系」を目指していたつもりでした。

しかし同窓会で久しぶりに会った友人らの反応は「センスは良いと思う。でもなんか違う」「小柄で可愛らしい雰囲気を活かしたら、森ガールみたいなフワフワ素材のホッコリ系が似合うのでは?」といった不本意なコメントを複数受けたことがありました。

昔から周りの目を非常に気にしつつも、結局は頑固で初志貫徹する性格の私。

自分のファッションに関してもそうでした。

「自分が好きな格好なのに、似合わないと言われるのは悔しい!絶対に着こなしてやる!!」と、長くはない足で地団駄を踏んでみました…。

低身長の私が気をつけたのは、
「首・手首・足首」が見えるサイズ感でした。

過去の自分の写真を家で何気なく過去の自分の写真を眺めていると、私はようやく気づきました。

自分で選んだはずなのに、服に「着られている」この感じ…。

そう、私のファッション感覚に欠けていたものこそ、最重要である「サイズ感」です。

写真に残る私の服装は、手が袖で隠れてほぼ見えない(いわゆる「萌え袖」)ボリュームニットや、裾上げを怠って靴を覆っているワイドパンツ姿などが満載でした。

これでは、まるで学芸会の衣装を無理やり着せられた子供みたいだと、自分でも思ってしまいました

やはり身長が低い人の場合、トップスとボトムスは「首・手首・足首」が見えるサイズ感が不可欠だと改めて実感しました。

デザインそのものや、色合いが似合うか否かは別の話です。

それから、服を買う際には試着を必ずするようにしました。

面倒ではありますが、サイズが多少大きい場合は、裾上げなどのお直しに出す前提で購入を決断しました。

ちなみにアイテム別の話ですが、色々試した結果、身長が低い人が選ぶべき形状もわかってきました。

まずボトムスの形ですが、パンツはテーパードのように裾に向かって細くなるデザインのもの

スカートは、膝上の丈で、タイト系かコクーンシルエットのものが、身長が低くてももたつかずにスッキリ見えます。

アウターは、肩幅が合っているかどうかが重要です。

着丈は膝上にとどまるものを選びようにしました。

ここ最近、レディースファッションではオーバーサイズ気味のアウターが人気ですが、身長が低い人の場合は「着られている」感が狙った以上に出てしまうと思うので、流行りに乗るのをぐっとこらえました。

テーパードタイプのボトムスに、パンプスなどの靴を合わせると足首がしっかり見えておすすめです。

通勤・オフィスにも使える リボン付きれカジテーパードパンツ2,780円

「着られる」はもう卒業します!
「着こなす」ためには、洋服のサイズ感が最重要だと気がつきました。

どんな人であっても、その身長で一番服がキマるサイズ感というものはあると思います。

しかし、身長が低い私たちはより一層、サイズ感を意識した服選びを心がけなくてはならないと思うのです。

気に入ったデザインだけで選んでも、それを着る貴女を素敵に魅せるか、それとも「着られている」印象を与えるかは、結局のところサイズ感次第だと思うのです。

私が前述で挙げた、身長が低い人がおさえるべきサイズ感(「首・手首・足首」が見える)や、それに伴うアイテム別の形状選びなど、服に「着られる」のではなくこちらが「着こなす」ために参考にしていただければ幸いです。

ルディック