ミニマリスト的「私が洋服を減らすわけ」5集

最小限主義者の服の考え方

ミニマリストとは日本語に訳すと「最小限主義者」。スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグ、ビルゲイツとITの神様みたいな方々が皆さんは「ミニマリスト」です。最近、ミニマリストという生き方が1つのブームになっています。2014年に一気に広まり、今では市民権を得ている 「ノームコア」。「ノームコア」とはニューヨーク発の言葉ですが、ノームコアの原点はスティーブジョブズのファッションで広がり、日本ではノームコアファッションを自然に受け入れられ、東日本大震災による精神的な価値観の変化から「ミニマリスト」「モノを持たない暮らし」にスポットが当たるようになりました。今回はそんなミニマリストの方の、服とのつきあい方をまとめてみました。増え続ける服と、わたしたちはどのようにつきあっていけばいいのでしょうか。

ミニマリストの代表的なワードローブの考え方5つ

1、服は少ないほうが管理をしっかりとできるようになる

ミニマリストはものを最小限にしか持ちません。服も同様。通常の一人暮らしの20代女性だとおおよそクローゼットの中には150着〜300着ほどの服がぎゅうぎゅうに収納されています。しかしミニマリストは厳選品以外は処分して着る服がなくなってしまうので、洋服タンスがガラガラ。お気に入りだけの大切な洋服は、まめに洗濯したり、こまめにケアするようになります。帰ってきてからハンガーにかけて仕舞うまでの扱いもていねいに。家着ですら、料理をする際にはエプロンをつけて服が汚れないように気を遣うなど、良い習慣が身に付きます。

 

引用元  https://www.pinterest.jp/pin/593912269580667904/

 

 

2、何通りもの着こなしを考えられるようになる

服を少なくすると聞くと、多くの人は「それだけチョイス幅が狭まってしまう」と考えます。
ですが、選ぶ幅は狭くなったとしても、それは単におしゃれを我慢するわけではありません。
当然、数少ない服をどう組み合わせるか着こなしに頭を使うようになり、何通りものスタイリングを考えられるようになります。。これがミニマリストとしての服のつきあい方。さらに小物でアレンジをしていくので、おしゃれの幅はぐんと広がります。服を少なくすることは=おしゃれを諦めるわけではないのです。
・シンプルなアイテムをうまく組み合わせるセンス(デザインに頼らず素材、シルエット、カッティングなど)がスキルアップ。
・シンプルな格好でもオーラが出るような自分自身を作ること。(外面だけでなく内面としての人間を磨くこと)自分磨きができる。
ということが言えます。

 

引用元 https://www.pinterest.jp/pin/641692646877451175/

3、買い物欲がおさまる

毎シーズンごとに登場する目新しいトレンドアイテム。これらをさっとコーデに取り入れられたらスカッとしますね。ですが、トレンドアイテムのすべてを自分の手持ち服リストに取り入れる必要はありません。似合わないものは、無視すべきです。自分の持っている手持ち服とテイストが違うとか、年齢感に乖離があるとか、体型に似合わないとか、こんな場合は無理して取り入れるべきではありません。メディアやアパレル業者は、トレンドを流行らせようと様々な方法でわたしたちに広告宣伝してきます。ですが、それらを取り入れるよりも自分のワードローブを死守しましょう。統一感が崩れるアイテムは最初からあなたの手持ち服には入れないほうがいいのです。

 

4、バリエーションよりも似合うコーデの追求

「服がかぶったら恥ずかしい」「いつも同じ服を着ていると思われたくない」と多くの人は思います。ですが、あなたは同僚、友人の着ている服を覚えていますか?その服を再び見たときにどう思うでしょうか?いつも同じ服を着ているところで、それを気に留める人はほんのわずか、さらにそれをマイナスにとらえる人もほぼいません。さらに言えば、同じデニムと白シャツの組み合わせでも、靴やバッグ、アクセサリーが違うだけで印象はがらりと変わりますし、白シャツの着こなし方だって何通りもアレンジできます。同じような服を着ることは恥ずかしいことではないし、むしろそれがその人らしいスタイルでよく似合っているならば、周囲の人は好意的に受け取るものです。似合っているかわからないたくさんの服よりも、自分の体型や雰囲気によく似合っている服やコーデを追求する方がいいと思いませんか?

引用元 https://www.pinterest.jp/pin/647673990132548581/

5、クローゼットの扉を開けるのが嬉しくなる

自分の部屋に備わっているクローゼットは「20着がぎりぎり入る程度の大きさ」というのが一般的ではないでしょうか。
そこにゆったりと収まっている服を見ると、気分が晴れやかになります。
お気に入りのみの洋服が余裕をもって並べられていて
あちこち探したり迷ったりすることが無いなんて快感です。

シンプルな薄手のナチュラル半袖Tシャツ 1,980円

ミニマリストのようなワードローブをつくってみよう

“物を持たない暮らし”を実践するミニマリストは、クローゼットにある服の数もごく少数。しかし、それらはどれも選び抜かれたアイテムで、着回しによってフル活用されるものばかり!限られた枚数の服でどのように着回しをしているのか、そのおしゃれなコーデ術をあなたも実践しませんか?

ルディック